車 買取 トラブル

車買取ってどんなトラブルがある?その影響は?

一括査定サービスを利用し、簡単に様々な業者を比較し、最高額で買取を行なってくれる業者を探す。
この方法が現在では当たり前になりつつあります。

 

とても便利なこの方法。
しかし、トラブルはゼロなのか?

 

その点について検証していきましょう。

 

 

極端に悪質なトラブルは存在しない

 

例えば、
契約成立となり、こちらの車を引き渡した。
なのに、お金が振り込まれない・・・

 

こういったトラブルは、一括査定サービスを利用する限りゼロだと考えて良いでしょう。
万一あったとしたらそれは業者側の手違い。
連絡すれば即座に、代金を振り込むという形で対応してくれるはずです。

 

一括査定サービスは、社会的に信用もあり、実績もある業者を厳選しています
詐欺を行うような業者が登録しているという事はゼロと考えて良いです

 

 

見積り価格と査定額に大きな違いがある

買取業者関連で一番多いトラブルは、この手のものです。

 

メールで連絡された見積り価格が、非常に高額だった。
だから期待して実際に査定を受けてみたら驚くほど低い査定額を言い渡された。
こんなトラブルですね。

 

買取価格に納得がいかなければ、売却をしっかり断る姿勢を見せましょう。
承諾もせず、拒否もしないという、優柔不断な態度を取ると、どんどん営業マンに押されたりする事もあります。

 

 

ただし、最近ではこの手のトラブルはかなり減っています。

 

見積り価格が連絡されるのですが、これは下限価格と上限価格をしっかり伝えられるのです。

 

例えば、 0円〜100,000円

 

といった形です。

 

この場合、かなり好条件でないと100,000円では売れないのだろうと認識する事が正しいです。

 

 

営業マンがしつこい

 

見積り価格と査定額の大きな差というトラブルとやや被る所があるかもしれません。

 

特に大手業者ですと、営業マンはノルマが課せられている事があります。
成約させてこそ、彼らの成績のアップに繋がる訳ですから、何とかして売ってもらおうとするのも無理の無い話かもしれません。

 

 

買取価格に納得がいかなければ、ハッキリと断ってしまって構いません
売りません!とダイレクトに伝えるのに抵抗があれば、他業者からも査定を受ける事になっているので、そちらの結果が出ないとなんとも言えないと答えれば良いのです。

 

ただし、査定後に断る事はなんら問題は無いのですが、契約してしまうとそうはいかなくなります。
契約書に判を押した後に、やっぱり売却しませんとなると、違約金が発生する事もあります。
これは、業者がオークションへの出品など、色々な手続きを済ませてしまっている事もあったりするからです。
契約後に断ると、業者側としても損失を受けるので、違約金の発生は仕方が無いという所があるのです

 

 

 

一括査定を使った高価買取の秘訣はこちら<トップページへ戻る>