車 買い替え

ディーラーの下取りと買取業者の比較

買い替えをする場合は、車を売るという行為の後に、車を買うという行為もしなければなりません。

 

買取業者側でも中古車販売をしている所は多いですが、必ずそこにお目当ての車があるとも限りません。

 

ですから、買取業者 販売業者 それぞれ別の所に行かなければならなくなります。
しかし下取りならば、ディーラー1つで済む訳ですから、これは面倒だと感じるかもしれません。

 

 

実際、買取業者に売った後に、改めて別業者なりディーラーで新たな車を購入するという事は面倒なのかどうか、検証してみましょう。

 

 

車の販売価格が短期間で大幅に上がるという事はほとんどない

 

買取業者に車を売って、その後に販売業者で車を購入する。
売却と購入のタイムラグによって、目をつけていた車の値段が上がってしまった。
こういう事はほとんどありませんから安心して下さい。

 

人気によって、市場価値が上がるという事は稀にですがあります。
しかし、そんな短期間の内に上がるという事はほぼ無いと考えて良いです。

 

むしろ、購入までのタイミングが長引く事によって、販売価格が値下がりするというケースの方が圧倒的に多いです。

 

 

売った後に買うのでは、しばらく車に乗れない?

 

販売業者の方では、納車までに無料で代車を貸してくれるサービスを行なっている所が大半です。

 

売却の引渡しのタイミングと、納車のタイミングを調整すれば、手元に車が無く不便を感じるという事は十分に避ける事は可能です。

 

 

ディーラーと買取 下取りに比べてかかる手間・時間に関して

 

確かに下取りはディーラー1つで売却も購入も済ませられるという利点があります。
しかし買取の場合も、そう面倒に感じるものではありません。

 

下取りにしても、結局は査定の時間や契約手続きなどの時間は生じる訳です。
2つの業者(もしくはディーラー)を利用するという煩わしさを除けば、かかる手間や時間はほぼ同等と考えて差し支えありません。

 

 

買取を利用するメリットとは

下取りと違って、買取業者も販売店もそれぞれ別の所を選べるという事です。

 

最も高く買取ってくれる所に頼めますし、また最も安く買える場所で車を購入する事も可能です。

 

下取りで、買取価格も販売価格も、どこよりも素晴らしかった・・・となる可能性は非常に少ないです。
ですから、経済性 金銭的なお得度が非常に高いというのが、買取を利用するメリットです。

 

常識的な経済感覚からかけ離れた、もの凄いお金持ちの方ならば、ちょっとした手間を惜しむために数万円、数十万円損をしても問題無いかもしれません。
しかし一般人としては、そういう訳にもいきません。

 

そういう事情から、下取りではなく、買取業者を利用する方が増えているのです。

 

 

 

買取業者を活用して車を高く売る方法はこちら<トップページへ戻る>