自動車税

自動車税の仕組みと注意点

自動車税は、端的に言えば前払い制です。

 

支払うタイミングは4月のみです。
しかしこれは、それから1年分の自動車税をまとめて支払っているという事なのです。

 

また、自動車税は1ヶ月単位で課税されるシステムで、1年単位で計算されるものではありません

 

ですから、次の自動車税納付のタイミング直前に車を売却しない限り、程度の差はあれ本来支払うべきではない自動車税を支払ってしまっているという事になるのです

 

 

自動車税はちゃんと戻ってくるのか

基本的に戻ってくると考えて良いです。

 

ただ、買取にせよ下取りにせよ、自動車税未経過分のお金です、と分けて渡されるという事はありません。

 

査定額に上乗せするという形で返還されます

 

こういった仕組みなため、あまり戻ってきたという実感が湧きにくいのも確かです。
ですから、中には車を売っても自動車税未経過分のお金は戻ってこないと考えている方も多いようです。

 

 

稀に査定額に自動車税を上乗せしない業者が存在する事に注意

 

自動車税未経過分を受け取る権利はしっかり認められています。
しかし、その権利はやや曖昧になっている現状にある事も確かです。

 

例え、査定額に上乗せされていなくても、それで文句を言わないなんていう人も多いのです。

 

そこを逆手に取って、自分の懐に入れてしまうような業者も少なからず存在しているようです。

 

現在こうした悪質な業者はそう多くは無いでしょうが、こうしたケースがある事も覚えておきましょう。

 

 

査定や契約の際にしっかり確認するべき

 

仮に相手が自動車税未経過分を買取価格に上乗せする気持ちの無かった業者でも、こちらの対応の仕方によってしっかり上乗せするものです。

 

こういった業者は、どうせバレないだろうという心理があるのです。
こちらが自動車税に関して知識を持っている人間だと解れば、このような事は起こしません。

 

 

査定の際、この査定額には自動車税未経過分は上乗せされていますか?

と訪ねる。

 

契約書にはしっかり、自動車税がいくらかも明記して下さい、と依頼する。

 

こういった簡単な一声で、買取価格に自動車税未経過分が上乗せされないという自体を防ぐ事が出来ます。

 

 

最も、現在では多くの業者が、こちらが言わなくても契約書にはしっかり自動車税に関して明記するようです。

 

 

 

高価買取の秘訣とは?<トップページへ戻る>